山陽新幹線で異音「ボン、ボン」…運転中止(読売新聞)

 9日午前8時10分頃、広島県内を走行中のJR山陽新幹線博多発東京行き「のぞみ6号」(16両)で、乗客の女性2人が「3号車の天井付近から『ボン、ボン』という大きな音がした」と車掌に知らせた。

 JR西日本は、約20分後に停車した福山駅で点検した後、異常はなく、約40分後に運転を再開。次の岡山駅でも念のため再度点検したが問題はなかったという。同列車は約1時間10分遅れで新大阪駅に到着後、運転を取りやめた。この影響で上り計6本が遅れ、約3200人に影響した。

 JR西によると、車両は最新型の「N700系」。2人は徳山―広島間を走行していた同7時45分頃と55分頃に異音を聞いたと話していたという。山陽新幹線では、今月3日、N700系を使用する「のぞみ56号」のギアケースが壊れ、車内に煙が充満するトラブルがあった。

<九州大学>合格発表 2189人に春(毎日新聞)
ヤミ金取り立て心中事件で被告が無罪主張 大阪地裁(産経新聞)
ハイハイもできまっせ!? 阪大チームが赤ちゃん型ロボット開発(産経新聞)
男性看護学生交流会を12日に開催(医療介護CBニュース)
<消された年金>記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも(毎日新聞)
[PR]
by yhwbpu8jby | 2010-03-10 04:38