警視庁捜査1課長を更迭 「私的な不適切行為があった」(産経新聞)

 警視庁は15日、西沢康雄捜査1課長を警務部付にして、若松敏弘鑑識課長を捜査1課長に充てる人事を発令した。西沢前捜査1課長は私的な不適切行為があったとして、国家公安委員会の内規上の処分を受けており、事実上の更迭となった。現職の捜査1課長が私的な行為で更迭されるのは極めて異例。

 同庁は「職務を継続させることは適当ではないと判断した」としている。

 西沢前捜査1課長は昭和48年、警視庁巡査を拝命し、成城署長、鑑識課長などを歴任。昨年3月2日付で捜査1課長に就任し、中央大教授刺殺事件などの捜査を指揮していた。

【関連記事】
2警官が暴力団に情報漏洩か 奈良県警、処分を検討
捜査本部の冷蔵庫、暴力団幹部が提供 入手の警部を注意処分
好きでたまらん!定年近い交通課長がセクハラ
家宅捜索中に容疑者が自殺未遂 監視不十分で警部を戒告処分
美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴
20年後、日本はありますか?

「北朝鮮の人権問題、安保理が介入すべき」
「風通しの良い日弁連に」宇都宮・次期会長抱負(読売新聞)
<ローソン>子会社元専務らを告発 特別背任の疑いで(毎日新聞)
核持ち込みの可能性に言及=有事で日米合意が前提−亀井氏(時事通信)
<シー・シェパード>監視船侵入のメンバーに逮捕状 海保(毎日新聞)
[PR]
by yhwbpu8jby | 2010-03-17 17:36