軟式野球部員カラオケ店で喫煙、同席の監督黙認(読売新聞)

 福岡県柳川市の私立杉森高軟式野球部の男性監督(22)が5月、カラオケ店で、部員3人の喫煙を黙認していたことが分かった。

 同校は問題発覚後、公式試合への出場を辞退したが、県高校野球連盟に監督の同席は伝えていなかった。県高野連は同校に詳細な報告書の提出を求めている。

 同校や関係者によると、監督は4月に採用された常勤講師。5月1日、練習試合の後、部員4人を連れて同県久留米市内のカラオケ店に行き、うち3人が監督の前でたばこを吸った。同校は喫煙した3人を謹慎、吸わなかった1人を校長訓戒としたが、監督は処分しなかった。

 同部は5月22日に開幕した春季県大会で準々決勝に進出していたが、試合前日の同28日、県高野連に「部員の不祥事」と説明し、辞退した。県高野連が後日、改めて事情を聞いた際、監督の同席が判明した。

 監督は「一身上の都合」を理由に、同31日付で依願退職した。

<盗撮容疑>千葉市職員を逮捕「10年前から」(毎日新聞)
最大級の派遣型売春クラブ摘発=客2万7000人、10億売り上げ―警視庁(時事通信)
長谷川穂積「世界一強い父、再び見せたい」 ベスト・ファーザー賞に8人(産経新聞)
首相、退陣拒否 きょう再会談(産経新聞)
口蹄疫 鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談(毎日新聞)
[PR]
by yhwbpu8jby | 2010-06-07 19:34